teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


リンク

 投稿者:F  投稿日:2015年 1月21日(水)05時40分25秒
  やらおん
http://yaraon.blog109.fc2.com/

オタク.com
http://otakomu.jp/

伊勢 白山 道
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou

EARL.BOX
http://www.earlbox.com/

GIGAZINE
http://gigazine.net/

にゅーあきばどっとこむ
http://www.new-akiba.com/

それは私の妄言だ+
http://majimougen.blog.fc2.com/

アキバBlog
http://blog.livedoor.jp/geek/

ねたたま
http://netatama.net/

ニュー速VIPブログ(`・ω・´)
http://blog.livedoor.jp/insidears/

2次元に捉われない
http://nijitora.blog.fc2.com/

大炎上
http://beatarai.blog90.fc2.com/

出川哲郎ブログ
http://www.diamondblog.jp/official/degawablog/

フィギュア ミカタンブログ
http://ameblo.jp/gsc-mikatan/entrylist.html


天木直人のブログ
http://www.amakiblog.com/blog/

植草一秀の『知られざる真実』
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

ハラキリ天国
http://youkan-hh.sakura.ne.jp/

2.5次元速報
http://matomeseiyuu.blog.fc2.com/

ニュー速クオリティ
http://news4vip.livedoor.biz/

痛いニュース(ノ∀`)
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/

中国嫁日記
http://blog.livedoor.jp/keumaya-china/

Punyu2 Munyu
http://www.punyu.com/puny/page.html


宇宙

ビーナスの宇宙銀河惑星連合
http://blog.goo.ne.jp/agaruta2012

ふるやの森
http://blog.goo.ne.jp/flatheat

未知との遭遇までノラリクラリ
http://ameblo.jp/z777x888/

RAPT | 貴方に天国から降り注がれる音楽を
http://rapt.sub.jp/#HOME

宇宙NOW
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/

たまごのきみ
https://twitter.com/tamagonokimi201

ロシアの声
http://japanese.ruvr.ru/

GFLサービ ス  (たきさんのホームページ)
http://www12.plala.or.jp/gflservice/gflservice.html

真実を探すブログ
http://saigaijyouhou.com/

内海聡Facebook
https://www.facebook.com/satoru.utsumi?fref=nf

茶太郎と異星人のプロフィール|Ameba (アメーバ)
http://profile.ameba.jp/accessmasuno3/
 
 

対立のエネルギー!

 投稿者:F  投稿日:2012年 7月 8日(日)23時33分41秒
  みんな知らない間に、対立のエネルギーを作り出しています。

それはほとんどの人が正義だと思っているからにほかなりません。

正義を貫こうとすると悪に会います。

では悪ってなんでしょう?



正義に燃えている自分を想像してみて下さい。

自分が正しい、自分は間違っていない、私は正義だ、正義の為に戦うんだ、となります。

そして自分の言っていることが理解出来ない人々を弾圧・抑圧・牽制します。

これって闇がやっていることと同じことではないですか?



私たちは正義を振りかざして、闇に心を奪われていることに気づかないのです。

怒り、憎しみ、恨みなど、自分の思い(正義)が理解できない人々を、受け付けなくなります。

よく家族の中でこんなドロ沼試合をしている人がいます。

でも本人は親が悪いだとか、姑が悪いとしか言いません。

絶対自分が悪いとは言いません。


悪いのは誰ですか?


誰も悪くないのです。


みんな自分の思いで生きているだけです。



勿論国策を考えると、一部の人々に都合の良い政策ばかりが目につきます。

しかし、これらも私達が長年許してきたことなのですから、今更昔からのやり方を直せと言っても、そう簡単には直りません。


誰かが書いていましたが、反対する者、される者両方に悪魔が住んでいるのです。

支配している側にだけ住んでいるわけではないのです。

そして悪魔は、両方からエネルギーを吸い取ります。

「もっとやれ!もっとやれ!」と言って笑いながら見ているかもしれません。



どうですか?

今までの生き方を振り返ると、敵はあなたの中に居るのではありませんか?


あなたの正義感の中に!

あなたのその許せないという心の中い住んでいるのではありませんか?


ムーディ勝山さんのように「右から左へ受け流す」と言うのも対立を作らない方法です。

そもそも自分が正しいなどと思わないことです。

不完全な人間がやることです。

間違っていて当たり前です。

そういう間違えから学んでいるのですから・・・




あなたは悪魔にエネルギーを与えていませんか?
 

当たり前の中にこそ最高の真理がある☆

 投稿者:F  投稿日:2012年 6月22日(金)23時28分18秒
  神は真理を誰にでも分かるように公開してくれています。
全ての人の幸福を望んでいる存在が、その方法を隠しておく必要はどこにもないからです。

ですから誰にでも見つけられるところにこそ最高の真理があります。

あなたの周りに幸せそうな人がいたとします。
その人を観察していれば、幸せになる方法は簡単に分かります。

そしてその方法は大概は当たり前のことで、何の神秘性も無いことがほとんどです。

例えば、いつも笑顔でいる、人を大切にする、聞いていて相手が面白く無い話(愚痴、泣き言、不平不満、自慢話、悪口など)をしない、目の前にある仕事を楽しくやるなど・・・。

神さまはやさしいので、当たり前のことを当たり前にやっているだけで、誰でも平等に幸せに生きられるようにして下さっている訳です。

(その証拠に目に見えない世界の話は、とても神秘的で好奇心を満足させてはくれますが、実際に役に立つ話は少ないものです(笑))


そんな当たり前のことの一つとして、老婆心ながら書かせて頂きます。

最近こんな話をよく耳にします。

「犬は買いたいんだけど世話が大変そうで・・」
「彼女は欲しいんだけど、メールとかはめんどくさい・・」
「お金は欲しいけど、忙しく働くのは嫌・・」

この方々の発言の中に、幸せになれない理由がはっきりと表れていますよね。

幸せになりたいという気持ちと、それに伴う代価を支払いたくないという気持ちが対立しながら同居しているので、お互いに中和しあって何の結果も出せないのです。

幸せになれない人の特徴として、もらいたい気持ちばかりが先走って、与えようという気持ちが少ないということが挙げられます。

「素敵な旦那さんを見つけて幸せにしてもらおう」
と考えて結婚すると、失敗する可能性が高いようです。

何故なら引き寄せの法則によって、同じように
「相手に幸せにしてもらおう」
と考えている男性を引き寄せてしまうからです。


「与えたものが与えられる」

やさしくすればやさしくされる。
冷たくすれば冷たくされる。

一目了然ですよね。

当たり前の内容で恐縮ですが、当たり前の中にこそ最高の真理があるのです。

是非身の回りにある当たり前の尊さに、もう一度心を開いて頂きたいと思います☆
 

世界はあなたの中から変わる☆

 投稿者:F  投稿日:2012年 6月15日(金)23時42分39秒
  全ての人は神に導かれながら最善の道を歩いています。

神を信じる人信じない人、スピリチュアルを信じる人信じない人にかかわりなく、全ての人が神に導かれた聖なる道を歩いています。

スピリチュアルを信じない人は、それがその人にとって最善の道だからであり、スピリチュアルを信じる人は、それを信じることがその人にとって最善の道だからにすぎません。

どちらが優れているわけでもありません。

スピリチュアルが長い間異端視されていたのは、それを実践している人の中に、世間を見下すような心をもっている人が多かったからだと思います。

「救済」「大立て替え」「世直し」言い方は様々ですが、言っていることは全て同じです。

「世界は間違っている!!」

世間を否定していれば、世間から否定されるのは当然の法則です。

最近はアセンションという言葉をよく聞きますが、この言葉を今の世界を否定した上で使っているとしたならば、有史以来節目ごとに何度も起こっては消えていった、過去の終末論、楽園論と同じ結末をたどることは必至でしょう。


世界の宗教や精神世界の基本は、この世界は神の意志そのものであるということです。
つまりこの世界を否定するということは、神の業を否定するということです。

一方では神は全知全能であると説きながら、一方では神が創った人間や世界を否定するのは明らかな矛盾です。

私達が見ている世界は外側にあるわけではありません。
私達の内側の想念が鏡のように映っているに過ぎません。

その映像が気に入らないからと言って、世界や神様に非があるということにはなりません。

神様はこの世界を楽園として作りました。
私たちも神様と同じ視点から見れば、この世界はそのままで、楽園としての姿を見せてくれます。

鏡に映った自分のほっぺたにご飯粒が付いていたとき、いくら鏡をこすってみてもご飯粒はとれません。

私達が外側の世界を変えようとするのはこれと同じことです。

現象世界という鏡に映っている本体=あなたの内面が神のごとき喜びと愛で満たされた時、鏡に映る映像も楽園に変わります。

まずは100%自分を愛することから始めてみませんか?
 

幸せを引き止める呪縛を解く☆

 投稿者:  投稿日:2012年 5月16日(水)23時43分34秒
  私達の不幸の大きな原因の一つに「罪人意識」があります。
「罪人意識」とは言い方を変えれば、「自分は不完全で、何かを付加しなければ一人前になれない」という脅迫観念です。

私達は幼少の頃からこの強迫観念を刷り込まれてきました。
今考えると童話「ピノキオ」は、罪人意識の物語なのかも知れません。

木の人形に生まれたピノキオが、人間になるために奮闘する背景には、木の人形である自分は不完全な存在だという強迫観念があります。

「心を持った人形」という、世界で一つの奇跡的な存在であるにも関わらず、人間という当たり前の存在の方がピノキオにとっては「完全」に見えたのです。

僕も子供の頃このストーリーを読んでいて、自分もいい子にならなくちゃ(=今は不完全だ)という思いを強めたものです。

「もっといい子になりなさい。」
「もっと成績を上げなさい。」

というのは、言い方を変えれば

「今はいい子ではない。」
「成績を上げないとあなたは不完全だ。」

と言っているのと同じです。

このような意識は深く根付いているため、大人になっても消えることはありません。

「今の私には幸せになる資格がない」
「今の私のままでは幸せになれない」
「今の私は神様から見たら落第点だろう」

なんて思いが心の中で渦巻いていきます。


ここで問題なのは私達の意識には創造力があるということです。
もし創造主が「自分は不完全な罪人だ」と信じてしまったとしたならば、創造される現実は自らを痛めつけるストーリーばかりになってしまうでしょう。


今こそこの呪縛を解き放ちましょう。

「私はこのままで完璧だ!!

このままで幸せだ!!

このままの私が大好きだ!!

このままの私を神様は愛して下さっている!! 」


と高らかに大宇宙に向って宣言して下さい。

幸せになるのに何も特別な資格なんていりません。

そのままのあなたがいればそれだけで十分なのです☆
 

今ここにある幸せ☆

 投稿者:F  投稿日:2012年 3月16日(金)22時32分46秒
  天国は常に「今ここ」にあります。

それはどこか遠くや死後の世界、未来やアセンション後の世界などにあるのではなく、常に「今ここ」にあります。

逆にいえば「今ここ」に天国を見出せない限りは、永遠に見つからないといってもいいでしょう。

「恐怖と希望を植え付けるのは、
浅はかな霊的教師たちの逃げ場にすぎません。」 ラメッシ・バルセカール

古代から悟りを開いた聖者たちは、「今ここ」にある神聖さに気付くことを説き続けてきました。

「微笑みを生きる」という著書に書かれた、以下の文章はまさしく名文だと思います。
この文章を何度も読み返しながら、「今ここ」に思いをはせてみて下さい。

きっと今まで気付かなかった宝物に気付くことでしょう☆

「毎朝目をさますと、24のまあたらしい時間が私たちを待っています。何てすばらしい贈りものでしょう。そして、この24時間を、自分自身やほかの人々に平和と喜びと幸福をもたらすように使う力量が、私たちには備わっているのです。

平和は、いま、ここにあるのです。私たち自身のなかに、そして私たちが見たり聞いたりするものすべてのなかにあるのです。問題は私たちがそれに触れようとするか否かなのです。

青空を見るために遠くに行く必要はありません。子供の澄んだ目を見るのに街を離れて遠くへ行ったり、それどころか、ご近所を離れる必要すらありません。毎日何気なく吸っている空気さえも、気づいてみれば喜びの泉なのです。

微笑んだり、息をしたり、歩いたり、食事したりする毎日の暮らしのなかに、豊かな幸福に出合う場があります。

私たちは生計を立てることには長けていますが、生きてゆくことには不器用です。ときには10年もの歳月をかけて学位をとったり、仕事や車、家を手に入れるために一所懸命働いたりもします。

しかし自分がいまここに生きていることは忘れています。いまこの瞬間こそ思いださなければならない大切な一瞬だということを、私たちは忘れて暮らしています。

私たちのひと息ひと息、一歩一歩は平和と喜びと静けさに満たされています。だから、いまここ、この一瞬に気づき、いまここ、このときを生きてみてください。」 ティク・ナット・ハン
 

天の使者と魔界の使者☆

 投稿者:F  投稿日:2011年11月11日(金)23時00分20秒
  たびたび同様の話題に触れなければならないのはとても残念なのですが、
私のところには、霊能者や宗教団体の幹部に脅されて、心の灯を消されてしまった方からのご相談が頻繁に持ち込まれます。

スピリチュアルな事が好きな人は純粋な方が多いので、何か不思議な話を聞かされたり、見せられたりすると、すぐに無防備についていってしまうのですが、ここで大切なことを覚えておいて頂きたいと思います。


スピリチュアルな世界には、2人の使者がいます。

2人は見た目は全く同じで、言っていることも似ていますので、ぱっと見では全く区別がつきません。

しかし、このどちらの使者の言うことを信じるかによって、あなたの人生には天と地ほどの違いが生まれてしまいます。

なぜなら、2人のうち1人はあなたの心に灯をともし、幸福に導いてくれる天の使者なのですが、

しかし、もう一人は、あなたの心から光を奪い、あなたの人生に、ありもしない恐怖という怪物を植え付けようとする魔界の使者だからです。


でも、どうぞ安心して下さい。

この2人の使者の見分け方は極めて簡単です。

天の使者は、相手の心を光に導くことが使命ですので、聞けば聞くほど、心は軽く、明るく、あたたかく、元気になることのみを語ります。

一方魔界の使者は、人の心に闇をもたらすのが役割なので、「愛」とか「ワンネス」とかいった一見美しい響きを持った言葉を多用してはいますが、聞いているうちにいつの間にか、心の中に不安や恐怖を植え付けて、心を闇に導きます。

「あなたが上手くいかないのは、前世の業のせいだ。」
「先祖に迷っている霊がいるからだ」
「水子がいるからだ」

などと、自分自身ではどうしようもないところに原因を特定して脅しておいて、

「私ならそれを解消できますよ。料金はたったの30万です。」

なんていうのが、古典的な手口ですが、最近では様々なヴァリエーションがあり、

「2012年に大変革が起きて、多くの人は淘汰される。
でも、私についてくればアセンション出来る」

なんていう壮大なスケールのものもあります。

(実際に、うちのお客さんで、アセンションにつられて100万円もだまし取られた人がいました。)

ここでご紹介したのは、極端な例ですので、

「こんなばかばかしい手口には私は引っかからない」

と鼻で笑っている方もいるかも知れません。

確かに、お金を取られるところまでいく方は、全体的には少数かも知れません。

しかし、多くの方が、お金よりももっと大切なものをまんまと奪われて、奪われたことにすら気付かずにいるのです。

その大切なものとは、「心の明るさ」です。

スピリチュアルな本を読んだり、話を聞いたりしているうちに、少しでも心に不安や恐怖を植え付けられたと感じたならば、即刻その情報源から離れて下さい。

「あなたはこのままではいけない」

「あなたにはこれが足りない」

「これをしなければ幸せになれない」

知らないうちに、こんな強迫観念に囚われていることに気付いたら、すぐにその情報源とは縁を切りましょう。

そこにどんなに美しい言葉が並べられていようとも、それはあなたの心から光を奪う魔道なのですから・・・。

あなたが今、恐怖や不安を感じているという事実そのものが、その情報源が魔道だという証拠です。


あなたが今読んでいる本は、あなたを明るくしてくれていますか?

見えない不安を植え付けられてはいませんか?

立ち止まって心の声に聞いてみて下さい。


もしあなたが、心を明るくする情報だけに心を開いていたならば、あなたは難なく聖なる道を歩いて行けるでしょう。

あなたに全ての良きことが雪崩の如く起きます☆
 

役に立たないことに感心しない☆

 投稿者:F  投稿日:2011年10月22日(土)22時57分14秒
  以前ある方が

「私は凄い先生を知っているんです」

とさも得意気に言ってきました。

「どういう風に凄いんですか?」

と尋ねると

「先日お会いしたときに、近々足にけがをするから気をつけなさいと言われたのですが、それから2週間後に本当に足を怪我したんです」

僕はこう尋ねました。

「それって何か役にたったんですか?」

けがを予知したというと、さも凄いことのようですが、避けられるのならまだしも、わざわざ怪我するのをあらかじめ教えてくれたところで、何の役にも立っていませんよね(笑)

その上、「あなたは近々怪我をする」という悪い暗示を与えているので、下手をすると、実際には怪我をする運命にない人まで、暗示の力で怪我をさせてしまうことだってあるのです。

僕がこのような興味の無さそうな受け答えをしたので、その人はさらにたたみかけるように、

「でも、始めにその先生にお会いしたときに、それまでの人生をピタッと言い当てられたんですよ」

僕の答えは同じです。

「それって何かの役に立ったんですか?」

たとえ過去を言い当てたところで、あなたの人生に何かプラスになるんですか?

不思議なものを見せてくれた謝礼としては、何万もの相談料は高すぎませんか?

単に不思議なことが見たいのなら、Mr.マリックのショーの方がよっぽど安上がりです(笑)


このような霊能者やカウンセラーに、人はコロッとハマってしまうのですが、その理由は

「これだけの力を持っているのだから、私を幸せにしてくれるに違いない」

という、過剰な期待です。

しかし、その期待は100%裏切られることになります。

そこで、次々と自分を幸せにしてくれる先生を探しまわることになる訳ですが、たとえあなたの目の前に、キリストが100人現れたとしても、あなたを幸せにすることは出来ません。

何故なら、あなたを幸せに出来るのは、あなたしかいないのですから。


どんなに素晴らしい人や教義でも、それに依存したとたんに、自らの力を弱めてしまいます。

ちょうど杖と同じで、最初は便利に感じますが、それに頼り切っていると、やがて杖なしでは歩けなくなってしまうのです。

だから優秀なグルは、自立するよう促すために、

「自分で考えなさい」
「経験から学びなさい」

という、一見薄情ともとれるセリフをよく使うものです。


「困ったときは何でも聞きなさい」

などというセリフは、一見やさしそうですが、これは本当の愛ではないように思います。

どっち道、24時間一緒にいられる訳でもないですし、一生一緒にいられるわけでもないのですから、自分がいなくても幸せな道を歩めるように、自立させてあげることが本当の愛だと僕は思います。

もっとも、自立されるとリピーターがいなくなって、儲からなくなってしまうので困るという方もいるのでしょうが(笑)


神さまはあらゆるものを無償の愛で与えて下さっています。

もし、幸せになるのに、未来を観る能力や霊能力が本当に必要なら、万人に始めから与えて下さっているはずです。

その証拠に、今まで30年間で何百という優れた霊能力、超能力を持った人に会ってきましたが、普通の人以上に不幸な人、病弱な人、精神不安定な人が多いのに驚かせられました。

私自身も、そのような神秘的な力に頼っていた頃は、不幸のどん底にいました。

そのようなことの言い訳に

「私たちは特別な役目を与えられて、みんなの業を身に受けて浄化しているのだ」

などという人もいますが、神さまに喜ばれる生き方をしていて、幸せになれないはずがありません。


この世には法則というものがあります。

幸せの法則通りやっていれば、1+1が2になるのと同じ位確実に幸せになれます。

不幸になってしまうのは、その法則に逆らっているのが原因なのですから、いくら霊能者に観てもらおうが、願をかけてもらおうが、法則に逆らうのをやめない限りは、絶対に幸せにはなれません。

人に本気で幸せになって貰いたいと思うのであれば、この法則を教えてあげればいいのです。

そうすれば、その人は自らで法則を使いこなせるので、自立して幸せな人生を生きることが出来ます。

このような法則の特徴として、「誰でも出来る簡単なこと」であるということがあります。

神さまは人々の幸せを常に望んでいますので、簡単なことで幸せに生きられるようにこの世界は出来ているのです。

秘儀とか秘伝とか言って、難しい考えや方法に迷い込ませるのは、必ず魔の力だと昔から相場が決まっています。
 

(無題)

 投稿者:F  投稿日:2011年 9月 2日(金)23時11分20秒
  神は真理を誰にでも分かるように公開してくれています。
全ての人の幸福を望んでいる存在が、その方法を隠しておく必要はどこにもないからです。

ですから誰にでも見つけられるところにこそ最高の真理があります。

あなたの周りに幸せそうな人がいたとします。
その人を観察していれば、幸せになる方法は簡単に分かります。

そしてその方法は大概は当たり前のことで、何の神秘性も無いことがほとんどです。
例えば、いつも笑顔でいる、人を大切にする、聞いていて相手が面白く無い話(愚痴、泣き言、不平不満、自慢話、悪口など)をしない、目の前にある仕事を楽しくやるなど・・・。

神さまはやさしいので、当たり前のことを当たり前にやっているだけで、誰でも平等に幸せに生きられるようにして下さっている訳です。

(その証拠に目に見えない世界の話は、とても神秘的で好奇心を満足させてはくれますが、実際に役に立つ話は少ないものです(笑))



そんな当たり前のことの一つとして、老婆心ながら書かせて頂きます。

最近こんな話をよく耳にします。

「犬は買いたいんだけど世話が大変そうで・・」
「彼女は欲しいんだけど、メールとかはめんどくさい・・」
「お金は欲しいけど、忙しく働くのは嫌・・」

この方々の発言の中に、幸せになれない理由がはっきりと表れていますよね。

幸せになりたいという気持ちと、それに伴う代価を支払いたくないという気持ちが対立しながら同居しているので、お互いに中和しあって何の結果も出せないのです。

幸せになれない人の特徴として、もらいたい気持ちばかりが先走って、与えようという気持ちが少ないということが挙げられます。

「素敵な旦那さんを見つけて幸せにしてもらおう」
と考えて結婚すると、失敗する可能性が高いようです。

何故なら引き寄せの法則によって、同じように
「相手に幸せにしてもらおう」
と考えている男性を引き寄せてしまうからです。

「与えたものが与えられる」

やさしくすればやさしくされる。
冷たくすれば冷たくされる。

一目了然ですよね。

当たり前の内容で恐縮ですが、当たり前の中にこそ最高の真理があるのです。

是非身の回りにある当たり前の尊さに、もう一度心を開いて頂きたいと思います☆
 

スピリチュアルとは?

 投稿者:F  投稿日:2011年 6月15日(水)23時46分54秒
  私はスピリチュアルにおける第一義は、自他の真の幸福につながるかどうかだと思っています。

不思議な体験をしたり、不思議な能力のある人と交流することは確かに楽しいですが、それが真の幸福につながらなければ何の意味もありません。

たとえ異次元や霊界のことを知り尽くしたとしても、超古代史に精通していたとしても、神さまの名前をたくさん知っていたとしても、優れた霊能力を持っていたとしても

「あなたは幸せですか?」

「あなたは周りの人々を幸せにしていますか?」

という問いに対して、イエスと答えることが出来ないならば、スピリチュアルな生き方をしているとは言えません。

逆に、何一つ不思議なことなど感じなくても、あの世の世界のことなど全く興味なくても、幸せに生き、その人と共にいると幸せを感じるような人物こそ、真のスピリチュアルを体現している人といえるのではないでしょうか?


真の幸福は、いいことがあったら喜び、悪いことがあったら絶望するといった、短絡的な思考からはけして生まれません。

いいことの中にも悪いことの中にも平等に、喜びの種を見つけ感謝出来る豊かな心の中に幸福はあります。


スピリチュアルという言葉から一般的に連想されるイメージは、不思議で神秘的なものといった感じになるのではないでしょうか?

しかし実際には、現実にしっかりと根を下ろしながら、目の前に現れる人間関係や経済問題等を通して、豊かな心を育てるという極めて当たり前のアプローチを取るのが、至高の道なのです。

何故ならそれこそが、この世に私達が生まれた理由だからです。

この世自体が、スピリチュアリティを高める最高の実践空間なので、これ以上にスピリチュアルなことなど他にはないのです。

スピリチュアリティの高い方ほど、パッと見は普通の人に見えるのも、そんな至高の道を歩いているからだと思います。

(一目見ただけで、神秘的な怪しいオーラが漂ってくるような人は要注意ですよ(笑))
 

レンタル掲示板
/31